会社概要COMPANY

社長挨拶

株式会社ジェイビーシーはお客様に最良の製品をお届けする事を心掛け、1990年1月創業以来、28年間自動車用電装部品の販売を行ってまいりました。
近年、電装部品単体の販売から、ソフトウエアや回路設計などを含めたシステム開発の依頼をお受けする機会が増えてまいりました。 そこで、これまで自社内で蓄積したGPS技術やモーター制御技術、画像処理技術をベースとして2016年より開発部を設け、大学の協力を得ながら、コミュニケーションロボットの開発を通して技術力向上を計ってまいります。

2017年7月吉日

企業理念

BigよりGood-JBC philosophy-

J
Joyful company行くのが楽しい会社にしよう
B
"Better" rather than "Bigger"売上の拡大よりも良質な会社にしよう
C
Contribute社会に貢献する会社にしよう

会社概要

社名
株式会社 ジェイ ビー シー
代表者
青柳 淳
本社所在地
〒160-0023 東京都新宿区西新宿4-18-12 アクセスはこちら
TEL. 03-5388-4115  FAX.03-5388-4116
資本金
1000万円
設立
1990年
従業員数
11名(2017年7月現在)
役員
代表取締役 
青柳 淳
取締役   
高山 肇
取締役   
在岡 和之
監査役   
横山 良和
取引銀行
三菱東京UFJ銀行(新宿西支店)、横浜銀行(新宿支店)、三井住友銀行(新宿西口支店)
主要取引メーカー
株式会社ミツバ、株式会社ミツバサンコーワ、
ボッシュ株式会社、宮本警報器株式会社、
佐鳥エス・テック株式会社、Italtergi Srl、他 海外22社
主要取引先メーカー
株式会社東海理化クリエイト、共和産業株式会社、
東亜電機工業株式会社、株式会社協和製作所、
コマツ(株式会社小松製作所)、酒井重工業株式会社、
株式会社竹内製作所、株式会社タダノ、株式会社ヤマハ発動機、
井関農機株式会社、ヤンマー株式会社、極東開発工業株式会社、
いすゞ・やまとエンジン株式会社、他(直接、間接含む)

事業内容

国内外のネットワークを駆使し、建設機械・農業機械・産業機械市場にフィールドアプリケーションエンジニアリングによる最適な製品をご提案いたします。また、ロボットをはじめとする新技術領域に対し、独自技術の獲得、蓄積を行っており、お客様の抱える問題を解決する新製品、ソリューションをご提案いたします。
ジェイ ビー シーの製品・アプリケーションは、現在様々な建設機械・農業機械・産業機械や、その周辺機器にご活用頂いておりますが、今後はさらに多くの分野でご採用頂けることを目指し、製品や開発のご提案を行ってまいります。

沿革

1990年1月
会長青柳六郎が前職、自動車電機工業㈱(JIDECO)の経験を活かし、西新宿3-15-12にて、資本金250万にて会社設立
1992年12月
資本金1000万円に増資
1995年12月
現在の住所に移転、現在に至る
2001年09月
JBCRD製品開発、販売
2002年04月
JBC-HP公開
2004年04月
ライズアップワイパーシステム開発
2011年04月
クラスターユニット開発
2013年03月
GPSアンテナレシーバ開発
2016年10月
開発部を発足、コミュニケーションロボットの研究開発
2016年12月
国立大学法人東京農工大学 水内研究室との共同研究
コニュニケーションロボット試作0号機を製作
2017年04月
国立大学法人電気通信大学 中村(友)研究室との学術相談
特許を出願:”特許ロボット、ロボットの制御方法及び制御プログラム”
2018年1月(計画)
ロボデックス出展予定

ページトップへ